日本人は時間に厳しすぎ?

チリ人の時間に対する考え

ブラジルへのハネムーンでもありましたけど、時間に対する考え方が違うせいで起こるトラブル、これは国際結婚にはつきものでしょうね。
特にチリ人との結婚はそれに該当するといってもいいかもしれません。

ちょうどに始まるわけがない!

例えばパーティーがあったとしましょう。
午後6時に始まるパーティーは7時か8時ころようやく始まるといっていいでしょうね。

招待客は6時だからといわれて6時に到着することなんてありません。

それどころか、招待する張本人も6時と言うくせに、6時には準備でいてないんですよね!笑
こんな感覚で生きているチリ人なもんですから、私にしてみればなぜ予約時間や待ち合わせ時間があるのかわかりません。
パーティーのようにプライベートなことならまだしも、公的な場でもこんなにルーズなのでたまったものじゃありません。

日本の時間厳守

さてダーリンもこれにはちょっと驚きのようでした。
例えばバスや電車の時間。

おもしろいくらいに日本ではバスや電車が1分の狂いもなく到着するんですよね。
それにはかなり関心していたようです。

そもそもこれは出かける際に私が電車やバスの時間をあまりにも気にしていたため、ダーリンがどうしてそんなにあわてるのかと、質問してきたことから始まったのです。

そのときの私はもうチリ人のルーズさ、そして過去の経験より私のダーリンも本当に真のチリ人だと確信していましたので、とくかくついてこいとの一言。
駅やバス停で時計と時刻表を見せました。
説明するより見せるが一番、そして体験してもらう、チリ人が日本の時間というものを理解するにはこうするしかないでしょ。

日本ではこんなダーリンもスムーズに動いてくれて感謝。
やっぱりいいとこ見せないといけませんからね~。

しかしやっぱりチリ人はチリ人。
彼の国へ帰ればやはり変化はありませんでした。
チリ人はもっと時間に対してシビアになるべきですよね?
それとも日本人がもっと時間にルーズになるべきなのでしょうか??

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP