ハネムーンも油断できません!

ハネムーン開始!

朝も早くから始まった結婚の日。

翌日は待ちに待ったハネムーンが待っていましたので、早めに披露宴を切り上げた私たち。
その後披露宴会場や招待客はどうなったのかわからないといういい加減ぶり。
まあ自分たちの結婚式ですもの、許してください!

ブラジルだって近いもの

ハネムーンとして私たちが向かった先はブラジル。
これもチリに住むメリットなんですかね。
南米大陸の国々が比較的近いです!

というわけでブラジルはリオ・デ・ジャネイロへひとっとび。

チリからはリオへは直行便も運行しているのですが、本数が多いのはサン・パウロ経由。
なのでサン・パウロで1泊してからリオへ行きました。
そのサン・パウロからリオへ向かう便でトラブル発生なのです!

飛行機に乗り遅れる

サン・パウロのホテルで朝もゆっくりしているダーリン。
飛行機の時間遅れるからって言ってるのに、相変わらずマイペース。
なんだかんだで空港に到着すると、もう搭乗手続きは終了したとのこと。

これには私もブチギレ!!
前々からストレスを感じていたチリ人の時間のルーズさに一気に爆発してしまったんです。

そんな私を見たダーリンは危機を感じたのでしょう。笑
これ以降の旅はすべて5分前行動!
日本人と結婚したなら、5分前行動は常識でしょ♪

こんなときまでノンキなチリ人

こんなトラブルが起こったこの日、そういえば前にもこんなことがあったなふと思い出したことがあります。
彼が告白してくれてから、私が返事をするまでのその大切な期間に一度ビーチへ行ったことがあります。
これはもう友達としての散歩じゃありませんからね。

彼も点数稼ぎ時のはずです。
けれど、なんとその日私を迎えにきたのは約束の時間から約1時間後。
ビーチ行きのバスは常に出ているのでそれほど問題はなかったものの、1時間も遅れるならなんで待ち合わせ時間決めるんだよ!とつっこみたくなるわけです。

こんな風に私たちだけじゃなくて、国際結婚では時間に対する考え方が違う、これによって起こるトラブルというのが、結婚初期に起こるものじゃないでしょうか。

特にチリでは本当にどこもかしこも時間にルーズなところがあるので、日本人にとってはたまったもんじゃありません!

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP