夫婦円満のコツは世界共通!?

留学から結婚へ

チリへの留学をきっかけにして、自分でもびっくりなことに国際結婚をし、あっという間の5年。
もちろん国際結婚をされている方はたくさんいることでしょう。
そして何十年もそうやって生活しているということに比べたら5年なんてほんのわずか。

日本へ帰国した際に30年日本人男性と結婚しているポルトガル人女性に出会いました。
私の故郷の方言で話すくらいですから、ほんと日本人みたい。笑
とにかくそんなインターナショナルカップルがたくさんいるわけです。

夫婦円満のコツはみなが知っている

夫婦円満のコツって人それぞれが持っているものだと思うんです。
確かに国際結婚となると文化の違いや言葉の違いという壁を乗り越えなければなりませんけどね。
それでもそういった違いを性格の違いと同じように受け止められる、それが夫婦というものでしょう。
まだ5年たらずの私たちが言えることでもないんですけどね。笑

ダーリンはダーリン

よくダーリンがチリ人じゃなくて、アメリカ人だったらとか、ヨーロッパ人だったらとか、それともお隣韓国や中国の人だったら、なんて考えたりすることもあります。
ダーリンの文化や言語によっては、私は彼を選んではいなかったのでしょうか。

もしかしたらそうかもしれませんね。
その文化で育ってそのように振る舞い、その言語を話して、そしてそれプラス彼自身の性格。
何億人っている人たちの中で1人として同じ人間がいるわけないですからね。

すべてを受け入れての国際結婚

日本人同士のカップルだったら、同じ文化で育ち、同じ言語を話す、だからやっぱり人が目をつけるのはその人の性格ではないですか??

でも国際結婚の場合はちょっと視野を広げて見てみる必要があるんですね。
文化や言葉は関係ない、いえいえそれは違うと思うんです。
そんな文化や言葉が私の場合”ダーリン”を構成しているわけですから!

夫婦円満のコツって世界共通なんですよ。
相手のことを知る、受け入れるということ。
国際結婚の場合、受け入れるものの種類が多いだけのことなんですね。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP