私の決断

プロポーズの返事、どうしよう?

普通の恋人同士としてつきあったことがない私たち。
ある日突然プロポーズを受けて、悩みに悩みました。
今思えば大切なテストが終わってから告白してくれてよかったと思いますね。笑

結婚がどうのこうのの前に、大切なのはまず自分の気持ちですよね。
彼と友達としてつきあっていく中で確かにお兄さん以外に一人の男性として見たことがなかったのです。
でも告白を受けて、もしかしたらそう見ないようにしてたのかも?なんて思いも発見したわけです。

いつか彼の得意なサルサを教えてくれたときがあります。
サルサって相手との距離がすっごく近づく超がつく情熱的なラテンダンスですよね。
アイコンタクトが大切なダンスなのですが、見つめあったときにドキっとしてしまったのも白状します。

会って1年もたたない相手。
でも認めたくなかったけど、私も彼に惹かれていたのかもしれません。

私が決断したこととは?

そうしてプロポーズの日から約1週間。
ちょうど一緒にビーチへ行く約束をしていたので、思いっきり楽しんでそしてサンティアゴへ戻ろうとしたときに私の気持ちを告げました。
あれだけ緊張したのも何年ぶりか。

こうして”私のチリ人のお兄ちゃん”はなんと一瞬にして”未来のダンナさん”になったのでした。
しかしこれと同時に不安なことばかり。
12月に帰国をしたら、いったいいつチリに戻れるのだろう、もしかしたら彼が日本へ行かないといけないの?

様々な疑問で私たちの頭の中はグルグル。
国際結婚って簡単に言うけど、実はそうじゃないんですよね。

私たちにはそれぞれ母国というものがあります。
その母国間での恋愛が国際結婚に比べたらどれほど簡単なことか。

よく恋愛に距離や文化など関係ない!って言いますけど、それは私にしてみればちょっと違うような気がするかも。

好き!だけではやっていけないのが国際結婚。
結婚してから待っているいろいろな問題を解決していこうという意思、または解決できる力、これもないといけないんですね~。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP